口に入れたものが、便として出てくるまでの消化器官はおおよそ9mもあって、その中でも腸は8mくらいあるものです。
小腸で栄養成分が消化吸収が行われ、大腸で消化される事はなかった食物から水分を吸引して、便が出来上がります。
一般的にいって、3日以上お通じがない、または1週間のお通じ回数が2回以下の方を便秘と称します。
症状が大したことないケースではライフサイクルやお食事を適正化することで良化する可能性が高いです。
ところが、滅茶苦茶なケアでは逆に症状を重症化させるケースがありますので、症状にあったケアやお薬セレクトが重要だと断言できます。

長期にわたる便秘は気をつける必要があります!生命の危険性も出てきます。
人によっては本当に便秘で命を絶った人がいるくらいです。
お通じは365日あるのが正常だとされています。ところが、3日に1回の割合のお通じでも色や形、量が問題なければ便秘とは呼びません。
それに対し、連日お通じが出ていても固い、量が少ないといった問題があれば便秘と考えられます。
それでは、慢性化している便秘とはいかなる状況を呼ぶのでしょうか? 
はっきりとした定義はありませんけれど、お通じが週2回以下で3か月以上続く状況を「慢性便秘」と言うことが多いと聞いています。
たかが便秘と思う人もかなりいるかも知れないけれど、便秘を放ったらかしにしておくととんでもないことに変貌してしまいます。
腸に長く留まった便は水分が吸収されるので、水気が無くなって硬くなります。
新たな便がそれ以後留まることで、便はいくらでも蓄積していくと考えられます。
その様にしてたまった便の事を「糞塊埋伏(ふんかいまいふく)」と言うのです。
糞塊埋伏になると、通常であれば毎日便とともに身体の外に排出されるはずの有害物質が腸内に残留するため、動脈硬化や大腸がんなどの深刻な病気が発症することにつながります。
1週間以上出てこない、排便時に痛みや変な感じがする、お腹が張る、便やおならがとにかくくさい、等の症状がある場合は、放っておかずにドクターの診断を依頼するようにするといいでしょう。
便秘改善に期待のできるぷりぷりプリンセスの口コミが書いてあるので参考にしてください。⇒ぷりぷりプリンセス 口コミ

関連記事