現在世の中にたくさんある太陽光発電メーカー選定に当たっては悩む所ですが、選定する際どの様な判断基準で選ぶべきかを事前に把握しておく事が必要です。
先ずは何と言っても費用に関わる基準です。費用に関わる物としては、太陽光発電システムの総額がどのくらいの金額になるか、設備の工事費用はどのくらいか、発電された電気のKW当たりの単価がいくらか等になります。
初期設備投資額や工事費用が余りに大き過ぎると個人で手が出しにくくなりますので、必ず確認が必要です。
又、KW単価が安い程効率的な発電が行える設備と言う事になりますので、必ず支払総額をKW数で割り算してみて、KW単価の安い物を選定する様にします。
次に各メーカーを比較する基準としては変換効率と言う基準になる数値が有ります。
変換効率の数値が高い方が良いと言う事になります。
これは太陽光パネルの面積当たりの発電量を数値換算した物で、同じ面積のメーカーが複数社ある場合、この変換効率の高いメーカーを選ぶ事が重要です。
太陽光発電メーカーは発電量重視型や早期回収型、初期費用節約型に分ける事が出来ますので、個人の初期投資可能な費用や将来の目標に合わせたメーカーの選定が必要です。
とにかく安い投資ではありませんので、きちんとした比較を太陽光発電メーカーの選定を行う事が必要です。

太陽光発電について、こちらにも書いてあるので参考にしてください⇒太陽光発電 メーカー

関連記事