出産を経てある程度子供も大きくなってきたので
仕事探しでもしようかと考えた。
今の時代、スマホに話しかければパパッと調べてくれる。
私は仕事探しを始めた時40代半ば。
まだまだイケると思っていたからやりたい仕事に目をつけ応募してみた。

最初の一社で言われた言葉は、中高年女性は難しい。
えっ?私、中高年女性なの?と咄嗟に思った。
求めているのは若手の育てられる人材だと。
がっくりして自宅に帰ったのを鮮明に覚えている。

その後、4社受けたが不合格。
中高年女性という壁にぶち当たった。
最後に受けた会社では、はっきりとこれからを担って頂ける方におねがいしたい
とまで言われる始末。

何となく友達から聞いてはいたが仕事探しが
こんなに大変だとは思ってもみなかった。
中高年女性だからなのか。
わたしかだからなのか。
自分に問いかけるが答えは出ない。

5社目でようやく採用をいただいたが全く未知の仕事だった。
働いてみるとほとんどが年下という現実。
受け入れるのにも時間がかかったが、
中高年女性のわたしとしては、
あの仕事探しの地獄から抜け出せただけ良かったのかもしれない。

仕事探しの現実にこの歳になって苦労するとは全く思っていなかった。
今は働かせていただけることに感謝し精進せねばと日々思えるようになってきた。
これからも踏ん張りたいと思う。

こちらのサイトも仕事探しの参考になりますよ。→ 仕事探し 中高年 女性

関連記事